いざ就職活動!失敗しないネイルサロンの求人の探し方

◎ネイルスクールの就職サポートや人脈を活用

ネイルスクールをいよいよ卒業となれば、どうしても避けて通れないのが就職活動です。
就業サポートまで対応しているネイルスクールなら、生徒の進路希望や取得した資格、勤務先候補地などから優良ネイルサロンや美容室、エステサロンなど就業先を紹介してくれます。

ネイルスクールを卒業後に就職を考えているのなら、就業サポートのある学校を選びましょう。
スクールによっては就職率100%を誇る所もあり、スクールの直営店にそのまま就職される方もいます。
ネイル関連の人脈がない場合はスクールの斡旋を受けるのが確実ですね。

もしネイルサロンやメーカーに人脈があれば、その人脈を頼って就職も可能です。
スクールに就業サポートがあっても、必ずスクールを通して就職しなければならないという決まりはありません。
活用できる人脈があれば大いに利用しましょう。

ネイルスクールに併設のサロンへ就職

ネイルスクールの中には、併設サロンが設置されているケースもあります。
ネイルスクールのカリキュラムの中に、併設サロンでの研修が組み込まれている事も。
プロ養成コースになると併設サロンでの施術や接客、電話対応などを経験する方もいらっしゃると思います。

スクール卒業後に併設サロンへそのまま就職する形もあり、一度でも研修で足を踏み入れた店舗であれば抵抗もなくスムーズに就職出来るのが大きな魅力ですね。
中には海外に直営店を運営しているスクールもあるので、夢の海外生活が実現するかもしれません。

◎ネイリスト専門の求人サイトで効率よく探す

ネイルスクールでの就業サポートが期待出来ない場合、ネイリスト専門の求人サイトで転職先・就職先を探す方法があります。
ネットではネイリスト専門の求人サイトが複数ありますので、それらサイトをチェックすると意外にも多くのネイルサロンや美容室、エステサロンでネイリスト求人が公開されている事に気が付くはずです。

ネットの検索機能を使い、勤務地や寮完備、研修体制充実、駅チカなどの条件から希望に合った職場が探せるのが最大の魅力。
サイトによってはスカウトが届いたり、専任のキャリアカウンセラーと相談が出来るサービスも。
履歴書の書き方や面接時のマナー、受け答えなども指導してくれます。

サイトによってはネイルサロンの店内写真やスタッフの集合写真などを掲載し、お店の雰囲気が分かるようにしてくれています。
ただ写真だけでは分からない面もありますので、気になるサロンには見学に行く事をおすすめします。

◎憧れていたネイルサロンの公式HPから直接アタック

憧れのネイルサロンがある場合、公式HPやフェイスブックページなどから直接求人に応募する事も出来ます。
公式HPの場合お店の情報や採用条件などがかなり詳しく掲載されているケースもあり、求人サイトよりも詳しい情報が得られる事も。

サロンワーク未経験者の場合、、新人研修がしっかりしたお店がおすすめです。
研修制度の整ったお店にはJNA認定講師が配置され、指導してくれる事も珍しくありません。
サロンワーク未経験者にいきなり店舗でネイル施術をさせるようなお店は、出来れば避けた方が良いでしょう。

ジェルネイル技能検定やネイリスト技能検定試験の上位級取得を狙っている方は、社内で受験対策の研修が受けられるお店がベスト。
ネイリストの向上心を大事にしてくれる店舗を選ぶのが大事です。